2008年2月29日

真夜中のエントリー

By 田中課長 with MT


(前奏)

書きかけのentry
いつわりのdata
君の心
再構築できない

かりそめのentry
忘れてるlink tag
君の心
解析じゃわからない


いつも書き残してる
all night long
気がつかない
your comment
カテゴリーわけなんて無理
この思い
キーボードの上をすべってく
届かないまま
AH----


(セリフ)
ネタ帳作ったほうがいいよなー
でもすぐどっかなくすんだよなー
ネタはふえないけど、ネタ帳がふえるんだよねー


凍りつく
真夜中のサーバー
落ちがみつからない
夜明け前のentry
君の心も
not found 404

AH----

…そんな感じで2月はひいひいいってました。
もう終わりですね。
今日、携帯のカレンダーの年号が2007年になっているのに気がつきました。曜日がずれていたのにもかかわらず、ずっとそのまま使っていました。ふと見ると、三月一日になっていたので、目の前が暗くなりました。

月末になると急にあわてないようにしたいものです。

高円寺の夜

 山口みずかさんと、ラブリーポップの店長かおるさんと、スタッフのめぐさんと飲みました。

 皆さんのことを、紹介しようとしてたんですけど。

 よっぱらっています。

[mp3:http://sexymountain.com/sounds/080228_koenji.mp3:080228_koenji.mp3]

本日!市川崑 追悼記念イベント「東京オリンピック」

 私は市川崑、見たことなかったのです。ちょうど、ポッドキャスト収録した日に、ブブさんから千日前国際シネマでやっていた京マチ子特集の券をいただいて、見に行った。「足にさわった女」と「あなたと私の合言葉 さよなら、今日は」。

 すげえよかった。

 それで、「あなたと私の合言葉 さよなら、今日は」の監督の、市川崑の追悼企画が208で。なんとタイムリー。なんですけど、私はあいにく東京で、みにいけないですが、皆さんの市川経験をききたかったです。

 さらに、翌日は「メガネフレーム外伝 vol.2 〜明石くんといっしょ! オタク、かっこ悪いw」。おたくを自称してきた自分としては、はずせない企画ですが、これもはるか東の国にいるのでは。無念。

 高円寺の漫画喫茶の夜がふける、ていうか朝が進行しています。眠いです。

 

ブブさんとポッドキャスト

 ポ、ポッドキャスティング、を、やります。

 第一回は、ブブ・ド・ラ・マドレーヌさんをゲストに。
 ブブさんは、アーティストとして様々な活動をするのと同時に、セックスワーク系アクティビストとして、日本で最大の功績を残したといって過言ではない人物。今の田中課長があるのも、ブブさんのおかげ、といってもいいくらいです。

 そのブブさんがプロデュースにかかわった展覧会とイベント企画『セックスワーカーのいるまち』(二月に開催)について語ってもらいました。

[mp3:http://sexymountain.com/sounds/bubu_0802_mono.mp3:bubu_0802_mono.mp3]

 ブブさんは、208のショーケースに登場の予定ですよー。

※mp3ファイルをアップしようとして、ぜんぜんあがんないんです。指南をお願いしたいです。

丹田でGO!

 最近、整体を習っていて。もともと、手わざ勝負、という種類のものではないのですけれど、最初の段階の今のところ、基本的な考え方と、どういう心構えで、人を、それは、自分、他人、かかわらずなんですけど、接するか、というあたりを、考えさせられる授業が続いている。

 人のからだのありようとして、上虚下実、という考え方が東洋にはあるのですけど、どんなことか、というと、一説には、鳩尾のあたりは力が抜けやわらかく、丹田は力が集まって張っている、という状態だそう。

 実際に、人や自分の鳩尾、丹田を触って、確かめていくのですけど、鳩尾。これはわかる。場所がはっきりしているし。深呼吸や、ねじる動作を続けると、かわるのです。人を触っては、それが張っているのか、やわらかいのか、まだわからないのだけれど、ひとりひとり違うのはわかる。

 が、丹田。これが、よくわらない。このへん、といわれて、「おなかですねえ」と、なんともしようがない感想しかなく。私は、よく、丹田に実がない、といわれるのだけれど、そのせいもあるのかもしれないです。

 習ったところによると、女の人の丹田は、ずばり、子宮がある場所で、丹田に力をいれる、のを経験するひとつの方法には、膣を、きゅ、と締めるのです。その際には、尻の筋肉も連動させずに、膣だけを締める。これはわかりやすい。そして、膣を締めると、姿勢がゆがみにくい。体に芯がさしこまれて、自然とまっすぐになる。そして、締めたとたん、すうーと息をすいたくなる。

 丹田感覚を会得する、というのと、おもしろいのとで、膣を、きゅ、と締めるのがはやっているのです。

 そんで今東京。東京、というところは電車にのることがとても多い。せっかく流行っているので、車中にいる時には、きゅ、と膣をしめる、ということをやってみているのです。どうせなら、と、つり革につかまらず、電車の進行方向に仁王立っている。たいてい皆進行方向と直角にたっているので、ちょっと浮いているのですけど、端っこのほうで。電車で、つり革につかまらずにたっているのは、なかなかにむつかしい。すぐに倒れそうになる。そんな立ち方をして、それみたことか、と、人に思われたくないためだけに、ものすごい集中力で立っている。やらなくてもいいことに一生懸命になるのも、最近の流行らしいです。

 ぐいーと、大きく揺らぐときがあって、そういうときには、そのぐいーに合わせて、ぐぐーといっそう力を入れる。だんだんとサーファー気取りで、今の乗りはよかった、電車と自分、一体感を味わった、などと、独りよがりも本格的になり、やべえ! きたきたきたー! ビッグウェェーーーブ!やっべ!やっべ!今のすごくね?

 と、必死になっているのがばからしいぐらい、都会の人実はサーファーぞろい。おばちゃん、サラリーマン、歩きにくそうな靴を履いた婦女子、特に何かにつかまらずに、携帯で落ちゲーをしながら、世間話をしながら、不機嫌そうな顔をしながら、横揺れにゆれる電車に対して、柔軟な動きでやりすごす猛者がけっこういる。その体の角度ー!えええー!

 っていう現実を、なんだかくやしく思い、都会のもやしっこどもにおとるのかよ?私の足腰は?と都会をなめきった発想をばねにし、丹田がなってないとかいわせない、ワイヤーアクション的電車ライドを開発したいです。

2008年2月26日

もててるとおもいたい

 昔から私を知っている人は、あいかわらずとお思いでしょうがよ。

 もてたいって、本当に重要な衝動じゃないですか、そうでしょう?

 もて自慢である。

 ここ半年は、若い女子にもてた。

 まず、23歳のモリオさんと同居である。彼女のほうから、同居を、と、ゆってきてくれたのだ。これをもてといわずなんとする。彼女とは、順調です。なんてかしこまったりして。彼女から出てるエネルギーとか、やっぱある。たまにふたりですげー笑い転げる。これは、近年にないぐらいだ。彼女と住んでいて、やっぱり女の子はいいなあ、などと思ってしまうのですが、若い女の子、とか表現してしまっている自分がやばいです。モリオさんはすてきですよ。

 さらに、今年は、mixi経由で、二人の方に声をかけていただいた。

 ひとりは、看護士の学生さんで、卒論に、風俗嬢のSTDについて取り上げたのであった。協力お願いしたいという、丁寧な依頼が来て、こんなん考えて卒論テーマにする人がいるんやな、と単純におどろいた。なんどかやりとりをして、文書でのアンケートに答えました。彼女は無事論文をあげ、送ってきてもらいましたよ。私のアンケートのほか、モモコラブリーポップで書いたものからも引用してあって、自分の書いたものやら、自分の今までのSTD的成長が研究対象になって考察されていたのは、とてもおもしろかったです。

 それと、もうひとり、映像をやっている学生さん(学生さんって、おもしろい響き)で、これまた風俗嬢をテーマにドキュメンタリーをとりたいという依頼が。やはり、映像ということで、風俗嬢で、顔出しするのには、いろんなキケンがともなうってことわかってる?とか、なんか責任とかとれんの?とか、キツイ言葉を投げまくったのですが、最終的には、まあ、いっか、と思って承諾して、出させてもらったりしました。彼女は、京都にきたり、仙台のエイズ研修会で話したりしたの時にも一般で参加したりして、取材をしてました。最近、卒業作品上映会も無事終わり、明日から彼女が住んでいる東京にいくので、みせてもらいにいきます。(作品として上がる前に、一度確認するか、といわれていたけど、そんときは辞退した)自分が映像でうつっているのは正直みたくないですが、やっぱり見なきゃなあ。彼女が取材した、他の風俗嬢さんのパート見たいしなあ。彼女いわく「きれいに撮ろうというのはしてなかったので…」って。うわー。やだ。でも、そこには、私が普段どう映っているのかが、ばっちしうつっているのでしょう。ひー。それと、私は、風俗嬢と名乗ることには、おおかれ少なかれ、見世物的なニュアンスがただよってしまう、と常々おもっているのですが、それも、もう、今では、風俗譲としての自分て、どういう風にうつっているのか、よくわからなくなっています。なので、がんばってみて、客観性を獲得したいと思いますよ。ふう。

 とまあ。

 もて、というのは、いろんなカウント方法があるものです。このように、拡大して、カウントされた方には、ちょっと直接にはいえませんが、カウントさせてもらいます。もし、その方々と話す機会があったとしても、あなた、田中さんに1もて、ってされてるわよ、とはいわず、内緒にしてください。

 もっと、もてたいです。

2008年2月25日

電気!電気!電気!

 電気工事士の勉強の話です。またかよ、と。

 いやね、ここ2ヶ月主にやっていたのは、電気理論、というものなのですよ。そらまたあんた。公式に次ぐ公式。や、公の式っていわれてもね、そんな、本当なのか、わからないものをですね、鵜呑みにして、もぐもぐと、ひたすらもぐもぐと、つめこんでいったのです。すっごい一生懸命おぼえて、三日後に三章ばかりもどって、例題をもう一度といてみると、全部間違っていたりしてね。あのもぐもぐしていた時間はなんだったんだと。電気の世界なんてありゃしねえ、と、ファラデーやオームを逆恨みしたりしてね、家の電気をつけたりけしたり、そんな腹いせをしなきゃやってられないぐらい、頭がわるかったんですよ。それにくわえてですね、やれ、誘導性リアクタンス、それ、低圧進相コンデンサ、はあ、絶縁ブッシング、とまあ、椎名林檎のアルバム名のような新概念を、むりくり暗記しようとして机と参考書を使った新しいヨガのポーズみたいになったりしたのでした。

 そんな私に未来はあるの?と不安になっていたところ、ホームセンターにいきました。電気配線の材料が並んだ棚の前にたったとき。あれ?この風景…。なんか、きたことあるような…。いや、何度でもあるんだけど、近所のニックだから。ていうか…何?この想い…。なんだかすっごくなつかしい…。と、ふと足元に視線をずらすと、そこには、600Vビニル絶縁電線。ああ…。これは…。字面だけで見ていたものが今目の前に…。とすると、27アンペアまでは流せるという…。そしてこのコンセントの形。前はなんとも思わなかったのに、このとぼけた顔に見える100V。ふふ…かわいい…。

 も、ひとりエレクトリカルパレード。今まで漫然とあったものに突然意味があると知る、そこは電気のお花畑。

 無駄じゃない、とちょっとだけ思いました。どうでもいい電気配線一口メモとして、600V二種ビニル絶縁電線は省略してHIV、引き込み用ビニル絶縁電線はDVといいます。覚えやすいです。

2008年2月23日

2 0 8 N e w s ! !

 208のニュースメールができました。
 明日のショーケースは藤本由紀夫さんスピッツを語る、です。結局スピッツの事前学習やってないです。そんなわけで、初めてのスピッツ体験は、スピッツが大大大好きな人からの語りってことで。

 2月は短いけど、企画いっぱいありますねー。短い、といえば、私は20エントリーできるのでしょうか。この賭けは、208の岩淵さんと私、どちらもブログ記事20エントリーかけなかったら、両人とも三万円払う、という喧嘩両成敗方式なので、自分がかけなかった時点でたいへんなことになります。その六万円はどこにいくかというと、208に寄付することになっています。そんときは、今までにない、超すごい企画が実現するかもしれないです。そんな動向も楽しみな208です。


======================================================================
[208]は関西で活動するクリエイター4人が自主運営するワークスペースです。
----------------------------------------------------------------------

2 0 8 N e w s M a i l

----------------------------------------------------------------------
http://www.mediapicnic.com/208/ vol.043 (2008/02/22)
======================================================================

大阪市北区南森町のオルタナティヴスペース「208」がお届けする月に1度の
ご挨拶、208 NEWSMAILです。2月の底冷えにも負けず、208はイベントがめじろ
おし。他では聞けない藤本由紀夫さんが語るスピッツ、追悼市川崑、一日かけ
てのメガフレ外伝など、大型企画が続きます。さらに、こなわくが復活。初の
蒸し物に挑戦です。


----------------------------------------------------------------------
■2月のイベント
----------------------------------------------------------------------

続きを読む "2 0 8 N e w s ! !"

2008年2月18日

頭のわるさのかたちがわかる

 電気工事試験の話ばかりです。

 電気工事試験では、解答は選択式なのだけれども、それでも答えを導くのにいくらか計算がいる。会場では電卓禁止なので、自分の頭と手で計算せよと。分数計算、方程式、関数、それらの学習経験が、ぜんぶ、なかったことになっているので、参考書を解く前に、算数の参考書を買った。インターネットで検索すると、2週間の準備で受かった人もいるのにねえ。

 数式を解く、そんなことは20年も昔にやったのが最後。しかし、その昔には気がつかなかったことも、今ではほのかに見える。

 頭のわるさのしくみがすごくよくわかる。

 漠然と、私は算数苦手だなーとか思っていただけなんだけど、なぜ苦手なのか、とてもよくわかる。

 考えるのを途中でやめる。

 と、いうのが大きな原因だ。

 いくつかの公式を使わねばならないとして、ひとつめは思い出すんだけど、ふたつめになると、何かあやしくなってくる。みっつめになると、なんだか、もう無理、という感じになるか、ひとつめのちゃんと思えておかねばならないことを忘れたりする。

 馬鹿か。

 それに気がついて、ちゃんと筋道をたてて、追っていこうとするんだけど、なぜか続かない。うやむやになる。

 考えるのをさぼってる。

 本当に、すげーさぼってる。私の頭の悪さのかたちは、途中でさぼる。だ。

 しかし、救いなのは、途中でさぼる、そこのところはなかなかどうして手ごわいのだが、くりかえしやるうちに、そう難しいことではなくなり、何も考えずにできるようになるのでした。こういった私の頭の悪さは、いろんなところに出ているのと思いますが、それも、繰り返してできるようになる、に、かけたいですわ。

 そういえば、展覧会ビデオ・ランデブーでは、豊島康子さん作品に親近感ばりばりでした。あのもどかしさに見覚えが。

2008年2月16日

呼吸とセックス

 今月もまた、ラブリーポップさんでの連載が更新されました。なんかいろいろ言葉使いとかまちがってますが、そんなことがどうでもよくなるぐらい、私の真心を感じるように、心の目で読んでください。

 ラブリーポップさんから資料として送られてきたAVのなかで、8人の熟女とからむ、オムニバス形式のものがあった。そりゃあ、8人ともぜんぜん違う。AVをみるだに、人のセックスこんな風に見られるなんて、すごい不思議な気持ちになりながらも、感心している次第。

 本当にひとりひとり違う、と思うのだけれど、およ、と思ったのは、8人中、2人の人の呼吸が、特徴的だった。息を吸うときに、歯をかみ合わせたまま、スーっていうか、シーっていうか、音をさせるやり方。

 前、知人男性が、セックス時のこの息の吸い方がどうしてもなじめなくて、それを理由に女性を振った、という話をきいていたのもあり、特に気になりました。どこの文化圏かわからないけど、セックスの時にこの呼吸をするのは確かに洋物が多い気がします。その女の子は、海外への留学経験があって、そういう息の吸い方になってたんじゃないかと。あと、あの呼吸法だと、気持ちいいらしい、ともゆっていました。

 私はセックス時に、その息の吸い方はしたことないんですが、好みとしては、ぐっときました。なんかいい。どんくらいの人が、あの呼吸してるのか、また、それは途中で学習していったのか、自然にみについたのかも知りたい。と、そのことで頭がいっぱいになりながら、日々暮らしていたんですけど、そんな調子でカラオケにいったら、即影響されてて、歌っている合間に息を吸うときに、もうあの吸い方になってた。セックスじゃないのでよくわからないですが、なんというか、集中できる。自分が獣じみた気持ちになる。本気で怒ったりするときにも、あんな風になるな、と思い出した。

 しかし、うっかりこの呼吸でセックスしてしまうと、相手に引かれることもある、という実例をきいているために、そう簡単にはトライできないものです。が、私が知らないだけで、以外とポピュラーなものなのか?

 とまあ、またそのことで頭がいっぱいになったりしています。AV生活を意外に楽しんでいます。
 

2008年2月15日

やけどなおる

 昨日、やけどして以来、足が痛まず、普通に歩いた。と思ったら、今日医師に、あとは普通に保湿クリームをぬってください、もうこなくていいです、といわれ、けがっぽくなくなる。皮膚の色はちがっているものの。いやいや、がんばった、私のからだ。また、言葉をかけていただいた方には改めて感謝したい。いろいろな心使いにきゅんとした。きゅんとくるのは、からだにたいへんよいと思われる。さらには、がんばれ、がんばれ。わっしょい、わっしょい。よいやさ、よいやさ。そんな声援もたくさんよせられた、主に私から、私の傷へ。その甲斐あってか、「いたい」、から、「かゆい」への移行はものすごくはやかった。植物に話しかけると元気に育つ、あのような要領で、声援も気が抜けない。かっこいい!かわいい!マブい!ついてるね!のってるね! 年代を感じさせる励ましもまざるというものである。それに答えてか、どんどん再生する細胞組織。これはまけられない。でかんしょ!でかんしょ!どですかでん!どですかでん!いーねいーね!もうちょっと皮めくってみようか!ラ・クカラチャ!ラ・クカラチャ!今私の願い事がかなうのなら白い翼つけてください!ヒューヒュー!あついねー!

 マジあつかったです。皆さんも、お湯にはじゅうぶん気をつけてください。

2008年2月13日

どっからどうきてどうなってんのー?

 やけどがある生活にも慣れた。やけどの箇所は三箇所あり、損傷し具合が違うのだけれど、それがすっごいがんばってる。我先と先鋒をきろうかという勢いで、見るもいたましかった姿が、修復が進み、新しい皮が張り、古い組織がはがれおちていっている。応援したい。世界中の何に対してよりも、私の傷にむかって声援を送りたい。オーエス!オーエス!

 先週は医者によく通った。ガーゼはいつとっていいのか、痕は残るのか、の話から、何の仕事をしているか、と何度か医者に聞かれ、そのたびに、「水がよくかかる」「尻の傷まで関係ある」と、要領の得ない答え方をした。そうしたいわけでもないが、そんな職業な~んだ?となぞなぞのような出し惜しみ。昨日、いったい何の仕事なんですか、と強く、唐突にきかれ、そんなにずばりきかれてごまかすことでもないので、性風俗です、と答えると、ややひるんだ表情とともに、なるほど、という何かうがった雰囲気が流れたのでした。

 私がここで、医者に素直に自分の仕事をいわなかったのは、なんとなく、で、いつもどうりにそうしていたのだけれど。私が自分の職業をいう、いわない、という「判断」というのはとてもある。「いう必要がない場合はなるべくいわない」。また、「不動産屋、大家、近所の人には最大限の努力を払い、知られてはならない」は絶対だ。医者に対しては、必要になることが多いので、とてもいいたいのだけれど、やはじめから素直にいえない。いわない、という気持ちをわけると、いわない―3割、いえない―7割、という配分か。

 これは何?

 なぜ、私の中にそういった基準が生まれているのか?

 どのような道筋をたどって、私の経験にそれが結実しているのか?

 風俗の現場で、病気の予防をするしないできない云々にもいくぶんかは関係している。そういった意味でも興味があって、が、「病気の予防ができないから、そのことを問題視したい、注目したい」というよりは、私が経験する小さなことと、どこかで起こっている無数のやりとりには、相似点や類似点があって、「なぜ?」という気持ちが先にきている。それを何かわかろうとしている感じですよ、ずっと。いろんな人が、自分をとりまく世界に対して「?」と感じているお題はたくさんあると思うのですが、私が気にしてることのひとつはそのあたりです。

2008年2月 9日

もりおさんとTバック

 去年の終わりごろから、もりおさん、という、23歳の女の子と暮らしている。なにせ同じ屋根の下にいるので、よくしゃべるし、一緒にご飯も食べるし、趣味もかぶるので、いろんなものを貸し借りする。

 歳の差さえものすごくあるものの、彼女にははたと感心させられることも多い。

 先日、彼女が私の部屋に遊びに来た。同じ家に住んでいても、居間で会うので、お互いの部屋にいくことは珍しい。
 彼女が、私の仕事用のTバックをみて、
「これ何の役に立つの?」
ときいてきた。
「え?何の役に立つって…」
「だって、これじゃ何も受けとめない、受けとめないどころか、あたたくもない、何もおおわない、化学物質のかたまり、ううん、もうかたまりとすらいえない。何の役にもたたないじゃない?」

 もりおさんが、Tバックのなんたるかの一側面をすらすらと解いたので、私は感動し、
「そのとおりだ!」
と答えた。

 このような人が同居人で、たいへんこころつよい。
 

2008年2月 8日

ウォーター!

 一週間ぶりでシャワーを浴びた。

 やけどによる再生を経る、高度な生まれ変わりの秘術のため、風呂に入るのをとめられていたのでした。

 髪型が、ナチュラルスタイリングにもほどがある、というスーパーナチュラルな盛り上がりを見せていた。とってもコシがあったし、ツヤツヤしてた。地球環境にもやさしいから、皆も真似すればいいと思う。

 そんな春の新作ヘアメイクを提案するセレブだったが、その名誉をかなぐり捨てても惜しくない、大変貴重な体験をした。

 水、すばらしい。

 感動した。お湯におびえ、お湯に泣いた私だが、今こそ、お湯に対する偏見を断ち切りたい。形をなさず、私をすべりおちていく無数の快楽。すべて(異臭騒ぎがおきそうな一週間分の何か)を浄化した。私におとずれた、この癒しのstoryを、ぜひとも皆さんとわかちあいたい。これからは、the FUROをフィーチャーしていきたい。

 お湯は適温で。

2008年2月 6日

ファイヤー!

 のっけからお前こりてないのかと。

 まさか。大変こりており。あやうきにちかづかず、ストーブの影を三歩下がってふまず。そんな暮らしぶりです。

 そんな折、東京で蟻鱒鳶ルを作っているセルフビルダーの岡さんと、くじらアパートの剛平君がくる。岡さんは東京に住んでいて、普段は蟻鱒鳶ル<つくりで忙しい。貴重な京都の冬休みに、家の点検、修繕にきてくれたのでした。今住んでいる古家は築不詳、本当に古い。風呂があるのだけれど、その風呂釜が、まさに釜。丸いし鉄だ。最初はすっげマジすっげ、とありがたがったが、そりゃあ、薪で焚いていたら具合がよいものだろうに、溜め湯で入ると湯がぬるぬると冷えてゆく。横に薪を入れる穴があるけど、穴があるからといって、そう無造作に突っ込んでいいのやらわからない。

 そこで、この頼もしい助っ人が。風呂、たけるんじゃね?というのを見てもらうことに。穴から土を掻きだしたり、煙突を点検して、使える、ということに。マジっすかー?

 ものすごい興奮した。カモ・ベビ・ライ・マイ・ファイヤ、とはまさにこのこと。ジムモリソンもよみがえる勢いですよ!田中さん、火、つけたら?と。じゃ、さっそく、新聞紙などをこの穴で燃やしてみるぜ、ベイビ。着火-!

 今、よみがえる、古来の大いなる力が-!

0802_fire.jpg
うおおおおおお--!

 燃えたー!

 と、も、セレモニー気分、夢気分でいたら、近所の方々が登場。きな臭い新参者の住人から、きな臭いにおいが漂ってきて、火事じゃないかと集まってこられたのでした。

 三十年火が入れられてないのですよ。煙突から火の粉が飛びますし。そんなごくまっとうな意見のあと、「ねえ?」という視線を送られる。ご近所社交プレッシャーには勝てず、風呂釜再生計画は中止と。それでも、2秒くらいは燃え上がってた。「ファ…」、ぐらいは。いつかまたきっと燃やす。そのときは、地獄の業火かウチの風呂か、全世界を焼き尽くす勢いでマイ風呂を焚きたい。

0802_furoshuri.jpg
風呂を直す二人。職人てかっこええわー


 
 
 

やけどをめぐる

 とはいえ。

 今ま意識せずともでできていたことが、急にできなくなったので、暗雲がたちこめがちだ。なんだかー心がーずんずん沈んでいくー。

 こういう時は…なにを…。電気工事士試験対策…?いや、違う…。ずっと感じてたけど、この異様に一生懸命やっている電工の勉強…そもそも今の自分に必要…?でも…まあ…やりたいからやってる趣味だから…。

 落ち着いた。電工の勉強やったらすげー落ち着いた。すげえよ!電工!むつかしーよ!電工!

 が、参考書に向かいながらも、1トラック目では、三相3線式の電圧降下の公式はvイコール…、とか考えつつ、2トラックでは、暗いビートが鳴り響き、何か不穏な思考のループ、という風に同時並行。

 今の自分の状況を、なんか受け止め切れてなくて、何か、何かのせいで、こうなった、それは何だ…ってことばかり…そのさえないリフが繰り返されてる…。それじゃ駄目だ…何をするか考えないと…ブルース・リーは…(こういうときにブルース・リーを持ってくるあたり…)怪我をして動けなかったとき、哲学書を読み漁って自分の身にしたらしい…哲学書…はいいや…でも岩波の「思考のフロンティア/社会」はよさそうだよ…あと…エロビデオ…もうすぐエロビデオについてのコラムの〆切…見ないと…やばい…。

 怪我をしてみて、ああー人生って、こういう予期せぬことが起こってうまく動けなくなって、がーんってなって、考えたり試されたり。試されたり、つか、も、どうにかこうにかしていかないとっていう。そういう大小の波の繰り返しだー、と思いました。いろいろ振り返ったり、昔きいた人のいろんなエピソードを思い出したりしています。こういうことかーと。

 よく、どんなことにも意味がある、といわれるけど、それがなんのことやらさっぱりわからなく、そんな耳さわりのいいこといわれても、と反発さえ感じていたのだけれど、「意味」は、プラスの価値があるっていうことではなくて、どんなことも、自分の人生に起こって一部であって全体、ということをいっているのかな、と。それが本人の意にそうかそわないかは関係なく、そいういう視点じゃなくて。

 やけどから出発して、ぐるーとめぐってて、あんま全部書けないけど、めぐってます。自分の都合のいいように、思いたいように思ってしまう、いつもの癖から抜け出す練習。ちょっとは広がったか。どうかにゃー。

2008年2月 5日

おれたちゃはだかがユニフォーム

 そうだった。

 やけどをして思い出した。

 今のところ、やけどを観察できるのは、医者にいって、ガーゼを取り替える時間だけである。この赤くなってるの…なにか思い出す…東南アジアの地図…あのごちゃごちゃってなってる島?×3。
 わずかな面会時間なので、やけどと私、これからいったいどうなるの?ってことがよくわかってない。いないけど、わし仕事できひんやんけ、あわわ。と気がついてきたのでした。ゼニがー。

 やけどが体にある、というよりは、ガーゼをあてているので、紐をゆるくしたスニーカーしか履けない、シャワーを浴びることができない、という理由が大きいのだけれど。

 しばらく身体的にはおとなしくー。

 でもやることはいっぱいあるわー。

 油断して、やさぐれないように。つか、やさぐれるほどの体力の資本ないことをわかっとけって感じー。

---

 声をかけてくださった方、本当ありがとうございます。やけどの程度はそんなたいしたことはなくて、もう痛みとかはぜんぜんないです。本当ありがたい気持ちでいっぱいっス。

2008年2月 4日

田中課長の現在データ~追加

 調子のいいこと中心で、ふたつエントリ続きましたが、最新データとして、

■現在のけんこうじょうたい
やけど

 昨夜はもう。阿鼻叫喚が訪れた。足と尻に。ストーブにかけてあったやかんがひっくりかえって、熱湯が。

 取り乱し加減では、生涯で一番だったです。生まれたての赤ちゃんのように泣いてた。大人が赤ちゃんのように泣くと気持ち悪いです。生まれたての子馬のようにぶるぶるふるえながら冷水を下半身に浴び続けました。大人がふるえつつけてるのも気持ち悪いです。ほんとうにどうなるかと。そんなパニックに陥りながらも、パソコンを起動し、「やけど」を検索しようとしてました。

 タクシーで救急病院にいき、大丈夫だろうと。痛み止めももらい。診察までけっこう待たされて、とても心細く思いましたが、夜中近くの救急病院は緊急人生交差点ど真ん中、隣の長椅子では、誰かの心臓が止まるかどうか、の話がなされていたほどなので、それもいたしかたなし。しばらく仕事もお休み。

 帰ってからも動揺が続いていて、ストーブの近くに近寄れないのはまだ理解できるとしても、なんだかお腹がへるへる。動けないのをいいことに、やれあれが食べたい、と居合わせたふたりに指示しいしい、のしいか煎餅、名前が不明の甘い煎餅、ぶどうパンにバターを塗ったもの、を立て続けにほおばった。やっぱりたいへんな目に会うと生命の危機を感じてたくさん食べるんだよ、という話を同居人のもりおさん(23歳女子)がして、ササンアイズの八雲もピンチの時食べて直したしね、と何気なく続け、え?と聞き返すと、内臓が半分解けたとき、たくさん食べてました、だから田中さんもきっと、と教えてくれる。二次元と現実の境がどうかなる力で負けた気がしました。サザンアイズとああっ女神さまっをごっちゃにしているようでは私もまだまだ、と反省しました。

田中課長の現在データ

■生息地
風の俗
:不況の嵐が吹き荒れるという。弱肉強食の世界。

■属

:巨大なヒエラルキーが存在していますが、そのうつりかわりも激しいものです。

■種
げっ歯類
:嬢属のなかではごく弱いほうといえます。弱いわりにはむこうみずです。

■野望
たかい
:嬢に対してイイコトをなんかしたい(セクハラやイタズラではないことを)

■アイテム
連載
:絶対ゲンバ主義!フーゾク虎の穴
http://momoco.ch/tora/index.html
風俗求人誌モモコで連載中。STDについて、知識、実体験を総動員し、ゲンバの嬢に届けと力みながら、ゲ…ガガガと奇声を発しながら、執筆。読者からの感想がきたことが数回あり、マジ泣き。

話す
エイズ予防財団JICAの、当事者が現状を説明する、という枠での講義。ゲンバに対して医療などのサービスを提供する方に、直接お会いできるのはとてもありがたい。こちらも勉強になる。

フリーペーパー
:ビッグプレジャーナイトマガジン
エイズ予防財団からの助成金で作った。イイできやん!しかもまだこんなん誰も作ってないんじゃね?と悦に入っていたものの、配布先で悩んでいたところ、厚生労働省のエイズ対策関連の事業で、週刊ポストに協力してもらって性風俗利用についてアンケート調査するっていうのがあって、その画期的な内容が評価されてか、その返信の封筒いれて配布してもらえることに。やったー!必要な層の手に渡ったー!という喜びとともに、イケる!もっとこの手のことをやっていきてー!という後押しに。

■恋愛スペック
ひくい
:嬢生活の長きにもかかわらず、男心がまるでわかってない。原因としては、仕事柄、何の苦労もせず、性行為にいたっていたのが仇となったと考えられる。

■趣味
電気工事士試験勉強
:2006年上半期、パチンコ依存に陥っていたが、電気工事士の試験勉強にハマることで依存が解消された。今年合格を目指す。マジむつかしいんすけど、本当に自分の人生に関係ないので、ストレス解消に。

そんな感じっすかね。
とりあえず、地道にやれることをふやしたいっす。実際に役に立つことを。いろんな分野の人と、ブレインストーミングとかしたいなあ。それを、ゲンバになんらかの形で還元できるトコまでもっていけたら。文化人類学、医療社会学とかの視点とかええなあーとあこがれます。

2008年2月 2日

復活課長の行く末予言

 ブロゲ復活にはまだ訳がありましてよ。

 簡単にいったら、「一介の風俗嬢田中さんが風俗界のSTDとかの状況をどうにかするクエスト」。なんつのかーそれの地図と記録を。すぐ現時点わかんなくなるし。
 詳しくは以下。

続きを読む "復活課長の行く末予言"