2009年10月26日

『SEX☆HEALTH☆WORK』イベント報告

10月25日に行われた『SEX☆HEALTH☆WORK』<a href="http://sexba.jp/events/entries/post432.php">。

第一部ゲストのすぎはら美里さん、かっこよかった。華があったし、自分の経験をバックグラウンドにした、自分の言葉で語るお話は、説得力があったわ~。ブブさんもそういう人やから、そんな人らが話してる充実感がありました。谷口先生は、どんな人にも適正な医療を、という言葉を実践しているお医者さんで、実はそんな医療者はあんまおらんくて、しかも、ものすごく研究熱心で、新しいものを常にとりいれていて、改めて頼もしく感じました。

間に3人のドラァグクイーンのショータイムがあったけど、久々にみて、あーこういう楽しみ最近味わってないなーと思いだしました。きらびやかさあり、笑いありのよいショーでした。

第二部のわしら。それぞれ、思っていたことは話せたものの、打ち合わせ不足感はぬぐえず。一応、はじまる前に打ち合わせておったけど、本当に伝えたいことは何か、というすり合わせまではできへんかったからの。でも、誰が何を話すか、話している話を通じて、どういうことを伝えたいかは、もうちょっとつめたほうがよかったか、と反省しております。

その後、時間のある人らと打ちあげにいったんだけど、そこで、数年ぶりに、一緒に活動しとった人らと再会して、それがよかった。それぞれの人生が流れてるという当たり前のことがよかった。

こう、セックスワークをやっていて、また、それを名乗ったりすることで、迷ったり、不安になったりすることもあるけれど、そういった不安までも、無理なく話せる人らがおったっていうことを、また思い出しました。セックスワーカーをやっていて生まれてくるある悩みのいくつかは、セックスワークをやったことがある人らとしか、安心しんして話せない、というのはやっぱりある。恋人や、仲のいい友達だからこそ、いえないこともあるし。そういうの思い出したのは本当よかったです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://sexymountain.com/mt-tb.cgi/242

コメントする