2009年11月29日

エイズ学会2009つれづれ

今年のエイズ学会の総会は、所は名古屋、11月26日~28日のあいだ、行われました。

エイズ学会は、学会、といっても、学者だけではなく、いろんな種類の人が集っている。製薬会社や、医療従事者関係は、もちろん重要な層としてやってくる。そのほか、HIV予防、陽性者支援の団体、そして、HIV予防啓発のターゲット層といわれるゲイや若者のグループなど、入り乱れて参加している。

HIVやSTD予防にかかわるようになって、けっこうたった。私が学会はじめていったの二年前。その時と比べても、学会でお見かけする方が、どんなことをやっているのか、理解するようになったり、何が議論されているのか、わかることが増えたと思う。

今回も、いくつか学会発表を聞いた。
関心があるのは、やっぱり感染動向、特に、若者、女性、セックスワーカーについて。

学会の発表だと、やっぱり数字を示して説明することがとても大事で、パワーポイントのスクリーンに映し出される資料は、グラフや、表であることがとても多い。セックスワーカーに関連したデータが映し出されると、なんかどきっとする。といっても、ワーカー自体が、ちゃんと調査されて、数字として登場するのもほんのわずかなものなのだけれど。

私が所属している階層、ということもあるけれど、長年、セックスワーカーの健康について考えてきたので、やっぱり、どうしても、思い入れが深くなってしまう。ちょっとおかしんじゃないか、というぐらい。あんまり考えたってしょうがない、と思いつつ、ワーカーの健康について、その危険度に対して、なにも手をつけられていないことを考えると、苦しくなる。いったい、この問題は、どこから手をつけたらいいのか。手をつけるための、把握する第一歩も、ようやくはじまったばかりで、誰も何も分析できていないんじゃないかぐらい。

と、まあ、普段は、うすーく気になっていることが、がっと面前にあらわれきたりして。

データを見ると、分析対象にようやくなっていることがよかった、と思う反面、その先は?とか、自分が見聞きして、知っている現実を、実際に物事を大きく動かせる人が把握したり、改善するには、なんだかとっても遠いものだと感じる。

と、前学会にきたときは、ものめずらしく、知識もふえ、むしろ、元気になってかえってきたのだが、今回はなんとなく元気がなくなって帰って来た。中途半端にいろんなことを知ってきたのだろうな、と思う。

それを知っていても、知らなくても、自分のできることは、そんなに変わらないので、同じといえば同じなんですが。

あの場にいる人は、ほとんどの人が、それぞれの場所で、性の健康についてなんやかんや仕事していたり、活動している人だったと思うので、皆がどう思っていたのか、これから、どうなっていくと思っているのか、ほんと知りたい。まあ、それを発表する場でもあるのですけれど。

エイズ学会中は、気になる発表が重なりまくり、あっという間に時間がたってしまって、これ以上情報を詰め込むのも無理!だー、とイッパイイッパイでしたが、終わってみれば、もっともっといろんな人の意見が交じり合う時間と場所が必要だー、と思いました。いろいろなことが分断されすぎてる感じがしますわー。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://sexymountain.com/mt-tb.cgi/248

コメントする