2009年11月 6日

銀魂にはまりました

多くの皆さんがはまっていらっしゃるという銀魂に、わたくしもはまりました。もりおさんが、同人誌をつくるくらい(銀新、というカップリングらしいです)はまっていたのを、横目でぼんやり見ておったのですが、今ではその気持ちも3パーセントぐらいならわかります。

私は近藤、長谷川が好きです。男くさい哀愁がポイントでしょうか。

駄目な人ばかりが出てきているように見える銀魂ですが、実は真に駄目な人はおらず、努力家で心が熱いばかりです。すっごい駄目な、人間的な一面もありつつ、かっこいいというところに心をつかまれてしまうのでしょうか。

あと、作者の空知先生がものすごく気になります。こんなに読者に気にされ、愛されている作者もあまりいないんじゃないでしょうか。銀魂の構造、駄目を装っているけど、実は血反吐を吐きながらがんばっている、駄目の仮面はサービス精神、という銀魂のチャームポイントが、実は空知先生の愛すべき人格、というのをあらわしているような気がしてしまうって言う。確かに空知先生には幸せになってほしいと思ってしまいます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://sexymountain.com/mt-tb.cgi/250

コメントする