2006年6月15日

リップスライムのスーパーシューターの早さで助けられてる

雨だ。 作業しようとするも、画面見ると目眩。くそ。その一方で、昨日のエントロを書き始めたら、怒りが噴出するもののまとまらず、書き上げるのに午後までかかる。昼ごはんを食べて昼寝。昼寝するときいっつも逃避の罪悪感があって、よい眠りではないので、寝るなら寝たい。 ドトールでケーキ食いながら高山冊子の原稿最終チェック。ミスいくつか発見。 どうにも目眩なので、B4の紙でも買いに、と思い。傘+ポンチョ+長靴という重装備で横なぐるなぐる雨の中、散歩へ。店にたどり着く前に、ひだる神に憑かれ、○二へと吸い込まれる。○二きすぎ。田中の99%は「○二」でできています。残りは、えーと、愛・・・・? 遅くなり、紙を買いそびれてそのまま帰る。 モモコの原稿、早めにとりかかったのはいいものの、結局また日付が変わるギリギリに納品となる。